PROFILE

 

山口コーイチ(山口考一)

1969・10生 福岡県北九州市小倉北区出身

幼少の頃からピアノを始め、中学生の頃にトラッペットを始める。トランペットでの進学を志すが、ここではちょっと書けないような事がたくさんあり、夢を果たせず第二希望の国立音楽大学音楽教育学科に進学。

在学中にジャズ演奏に目覚め都内でジャズピアニストとして演奏するようになる。在学中から立花秀輝as、吉田隆一bs、港大尋p、吉田一夫fl、石井鉄也gtらと親交を深め次第に即興演奏もやるようになる。新宿ピットインでバイトしたり、変な奴の多かった武蔵野美術大学ジャズ研に遊び行ったりしていた。卒業後は営業仕事のかたわら、カイドーユタカ、松本善行とピアノトリオを結成。1999年頃に渡米渡欧。現地のミュージシャンとセッションしたりして過ごす。

帰国後はDTPオペレータとしてデザイン業界に潜り込み、何故か流れでグラフィックデザイナーとして5年ほど活動。広告デザインや週刊誌のエディトリアルデザイン、黎明期のウエブサイトのインターフェイスデザイン等をした。ADとして手がけた毎日新聞社E株netのインターフェイスデザインは2000年代の情報サイト系デザインに広く影響を残したらしい。ほんとかとっくんw

立花秀輝との再会をきっかけに、再びピアニストとして活動を開始。2000年、立花秀輝カルテット(立花秀輝as、山口コーイチp、カイドーユタカb、安藤正則ds)に参加。横濱ジャズプロムナードコンペティションにて最大四部門受賞、グランプリ待遇ではあった。

石井鉄也gtとのデュオ、松本健一tsとスズキケンタローbとのトリオ、トリスタン・ツァラの詩を元にしたYONK TZARA(山口コーイチp、松本健一ts、みうらすみえvo、堀のぞみvo、永井朋生ds)、大島輝之gtとカイドーユタカbとのトリオ、等々を主催する。

立花秀輝カルテットあらためAAS、永井朋生dsのピアノトリオEPOCUS(w/カイドーユタカb)に参加、インドネシア国立芸大の招聘でインドネシアツアー。

佐藤美樹(ダンス)とのセッション、岩下徹(舞踏)とのワークショップ等々、他のジャンルとの親交も深まる。

この後の履歴はスケジュール管理に使っているGoogleカレンダーに残ってますので具体的にざっと箇条書きで。

2006年
●埼玉県越生町に引っ越す。
●このころパイプオルガンを徳岡めぐみ氏に師事、二年ほど学ぶ。
●不破大輔の渋さ知らズに参加。

2007年
●山口コーイチトリオを始動。(w/不破大輔bつのだ健ds)
2010年に1st CD”愛しあうことだけはやめられない/Love of Life”をstudio weeよりリリース。

2008
●年渋さ知らズのカナダのケベックツアーに参加。

2010年
●越生の隣のときがわ町に古い家を購入し引っ越す。
●片山広明の東京スリム(片山広明ts、辰巳光英tp、高橋康行tb、ギデオン・ジュークスtub、山口コーイチkey、藤掛正隆ds)に参加、1st CD”LIVE!”レコーディング。
●広沢哲ts、清水良憲b のリマタンゴに参加。前より興味のあったタンゴ演奏に取り組む機会を得る。
●渋さ知らズヨーロッパツアーに参加。ノースシージャズフェスティバル、等々で演奏した。
●家が全焼!

2011年
●山口コーイチトリオ 2nd CD”回路/Circuit”を同じくstudio weeよりリリース。
●渋さ知らズでスイスフランスツアーに参加。

2012年
●ときがわ町に新居を全焼した跡地に一年がかりでセルフビルド。再び住む。
●渋さチビズ”Fuwa works”(不破大輔cb、立花秀輝as、佐藤帆ts、辰巳光英tp、山口コーイチp、磯部潤ds)と題してリトアニア・ロシアツアー。

2013年
●渋さ知らズでヨーロッパツアー10公演。

2014年 
●柴田奈穂(vl)とJ.S.Bach”バイオリンと鍵盤楽器のためのソナタ”全六曲に取り組み、2015年にかけて三回の公演をした。
●磯部潤(ds)とのインプロデュオ”シワブキ”を始動。

2015年 
●渋さ知らズでイタリアトリノジャズフェスティバルに参加。
●老舗ジャズ喫茶「新所沢スワン」50周年記念としてゲストを招きデュオ企画を毎月一回公演。
●不破大輔プロデュース 玉井夕海(VO)CD”MOTHER SUN”(地底レコード)にアレンジャー、ピアニストとして参加。

2016年 
●ONZO(オンゾ):山口コーイチが鳴らす空間と振動、青山健一が映す色とカタチのライブシネマユニットを始動。”アニマムジカ″と題して今までにない音と映像の体験を模索。
●BOW5 山口コーイチ(p)定村史朗(vl)柴田奈穂(vl)糸永衣里(vla)不破大輔(b)を始動。オリジナルとインプロビゼーションを中心としたジャンル横断のピアノと弦楽の五重奏のバンドを始動。

————-

趣味というものを30過ぎまで持ちませんでしたが、プジョー205というクルマにハマってしまい、サーキットで遊び倒しました。その後シトロエンEXANTIA BREAK、プジョー106S16、三菱グランディス、ホンダモビリオスパイクと乗り継いでいます。趣味車でAlpine Renalt V6Tがいるが現在登録抹消でレストアのためのガレージ建設待ち。自転車も10年ほどたしなんでおりまして、現在の愛車はScott CR-1。最近、川遊びのカヤックも始めました。

(2015/12)