2月3月のライブインフォ

更新しました。

自分の企画では

2/21 名古屋バレンタインドライブでソロをします。唐突ですが、やりたいなと思って名古屋のC様にブッキングしていただきました。ありがとうございます。よろしくお願いします〜

3/16 ONZO、なってるハウスです。映像の青山健一さんとの即興デュオです。

よろしくお願いします。

 昔からとりあえず読書はする人間だったのですが、音楽にのめり込む十代後半からあまり読まなくなりました。本を読むなら音楽を深く知る為の、といった感じで、その頃は万事がその調子だったのですが、30代中盤から怪しいこの社会を少しでも理解したいと政治経済の本とかを時々拾い読みしだして、それでも、子供の頃読みまくっていた小説ってものをあまり読んでなかったわけです。

 一年ぐらい前にガルシア=マルケス「百年の孤独」を読みだして「こんな面白い小説があるのか!」と今更ながらに「物語」の力に圧倒されました。読書の面白さを思い出させてくれた一発でした。完全に読書習慣が戻りました。

 そんで今は塩野七生「ローマ人の物語」にはまっています。きっかけは「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリさんがTVの番組でローマ帝国への愛について語っていたことでした。とり・みきさんとの合作「プリニウス」からの流れで「ローマ人の物語」にたどり着きました。

 これは小説とは言えないだろうけど物語なんですね。こんな長い連作は「三国誌」以来かな。間に山崎豊子さん(「二つの祖国」を「ローマ人」と一緒に買ってきた)などをはさみつつ気長に読んでいきたいと思います。南方熊楠さんの全集とかも読んでみたいなあ。

 ホント、絵画も映画も小説も。適当な気持ちで作れるわけがなくて、何かを必死で造るってのは、素晴らしく楽しみであるのだなあ、と思います。感謝。

一月のライブ


あっという間に年が暮れ、新年になりました。子供の頃はあまり実感のなかった「時の区切り」というようなものも四十路も後半になるとある種の必要性と共に実感します。ここ数年は初詣にも行かない寝正月でしたが、今年は地元の神社に初詣し、お寺で除夜の鐘をつかせてもらいました。人口一万人の町なのでどこに行っても静かでいいです。

一月のライブ情報をお伝えします。自分の企画は19日になってるハウスにてシワブキ+。嶌田憲二さんをゲストに迎えトリオでのシワブキデス。よろしくお願いします。

二十八日土曜日には、地元の越生町の山中にある山猫軒にてピアノソロをします。東武線越生駅からバスで、停留場から歩いて数十分。山の中にあり交通の便は悪いのですが、終了後はマスターが駅まで送っていただけるようです。なんとかなりますので、ぜひぜひお越しください。

他にも様々な面白いバンドで演奏しますので是非ご来場ください。

http://wp.me/P2kf5k-4t

11月と12月のライブ

更新しました。
11月は17本、12月は15本。よろしくお願いします。

11月主宰公演、はシワブキ+嶌田憲二が1日に新宿ピットイン昼の部。これは今日終わりました!良い演奏でした。

あとは11/7に山口コーイチセッション、なってるハウスにて、かみむら泰一(sax) 井谷享志(ds)の両氏とセッションします。楽しみじゃ。

渋さ知らズでクアトロツアー。広島焼き楽しみ。時間があれば原爆資料館行こう。中学の修学旅行以来行ってない。

また恒例の11月松之山収穫祭。主宰が引退しもう開催はないかな〜と思っていたら、今度は地元の方々が主宰!凄いなー、根付いたのですね。縁ですね。

そして渋さのkaatクラシック祭り!またやるそうです!

12月主宰公演は12/2に映像の青山健一さんとのデュオ、ONZO”アニマムジカ Vol.6″@合羽橋なってるハウス
これもホントに面白い。最近、私、面白い事しかしてないなあ。

12/4はシワブキ+@中野セロニアス 山口コーイチ(p)磯辺潤(ds) ゲスト 嶌田憲二(b)
面白いんですよ〜。

他にも、渋さ@桜座、バディ、スワン、そしてリマタンゴ!!忘年会ライブ!と年末恒例のセッションが続きます。

今年も最後までよろしくお願いします!

7月と8月のライブインフォ更新しました

家でピアノを弾いてると、向こう側から猫がやってきて、なんかしろ、かまえ、と要求します。可愛いです。

遅ればせながらライブ情報を更新いたしました。遅れましたが今回は7月8月あわせて更新いたしました。
7月のスワン50周年デュオ企画は松本健一さんです。昔、松本さんとつの犬さんが定期的にやられていたインプロデュオに何度か飛び入りしていらい、デュオをレコーディングしたり、なにかとお世話になっている大先輩であります。8月はリマタンゴでご一緒している清水良憲さんです。お互いジャズやインプロなのに日頃はタンゴを介して音合せをしているわけですが、今回はがっつりジャズ、インプロで清水さんの魅力に迫りたいと思います。

8月のシワブキは今回はゲストに清水良憲さん、あれ、かぶってますね、まあ店が違うし内容も全然違います。先鋭的複雑系コンテンポラリーインプロデュオと化してきたシワブキ、ブライアン・ファーニホーもびっくり、是非お楽しみに。今年も折り返しましたが、シワブキがいい感じです。是非、毎回いらして、びっくりしてください!

4月の予定

3月のライブインフォですが、トップページの更新したよ告知を怠りまして、申し訳ありません。こういう場合でもliveinfoのページは更新してますので、よかったら確認して下さい。

4月の予定も更新しましたので、皆様、ぜひぜひご来場ください!

今年は新所沢スワンにて50周年を記念して上記画像にあるように毎月、豪華ゲスト様を招いて一期一会のデュオシリーズを月一で開催しております。ぜひ!

1月の演奏予定

あけましておめでとうございます。今年も鍵盤を挽きますのでよろしくお願いします。
一月の予定

様々なセッションやバンドに参加させていただきますが、自主企画は一月は二本!

14日はドラムの磯部潤さんとのデュオ「シワブキ」でございます。なってるハウス通信1月号に取り上げていただきました〜。即興で面白いことになっていますので、ぜひぜひ、ご来場ください。

そして、2015年は新所沢スワンにて毎月ほぼ第三土曜日にデュオシリーズをやらせていただくことになりました。なんとスワンは50周年!50周年特別企画山口コーイチ12番勝負!わお!一回目は昨年知り合ったバイオリンの定村史朗さんとです。こちらも是非!
新所沢スワン

12月のライブインフォ

今日は新宿ピットイン夜の部で渋さ知らズオーケストラでピアノとキーボードを演奏したわけですが、今日は12/1であります。

12月ってのは師走とか言ってみたりして、先生が走るほど忙しい、っていってみてもやることを来年に持ち越せばそれほど忙しいわけでもないだろうけど、まあ人情というか、すっきりして正月を迎えたい的な強迫観念に囚われの身。まあ、年末という特殊な条件で日頃やらないことをやっちゃうわけです。つまり、年末恒例のライブが並びます。というかそれしかありません。どれも年に一度の事ですので是非!

自己企画では「シワブキ」であります。
漢字で「咳」。そもそも音とは自然現象ですが、世界は音で満ちていて、振動という意味では固形物もミクロの目で見るとすべてが周期的に振動していて、としたら、世界は音ではないじゃないか。という20世紀の発見がありますが、そもそも音楽とは、その振動がその人と楽器とその場所のすべてを介して現出する現象であります。インプロビゼーションというものはその現象の発現に演奏者自ら立ちあうものでして、ゴホン、ゴホンとやるように、ただ起こることに、楽器を介して立ち会いたい、ということが実現しておるデュオであります。

12/9 シワブキ@合羽橋なってるハウス
山口コーイチ(p)磯辺潤(ds)

10月のライブは

今日はトリオ・ロス・ファンダンゴスとリマタンゴ!!でなってるハウスにて演奏しました。いやー面白かったね!!!!

タンゴという音楽は、やっている人たちにとってとても、オリジナルでスペシャルな音楽なんだ!という自己主張があるわけですが、タンゴ知るにつけ同感だなあと思うのです。

ヨーロッパ音楽のシステムはスペインやポルトガルの植民地拡大の為の侵略で結果的にで世界中に広がったわけですが、その系譜の中ではイギリス植民の国アメリカではジャズやロックはアフリカ奴隷文脈のドラムの発明がその音楽を決定づけたけども、時代的にもその余地はあったにもかかわらずタンゴはドラムというシステムを受け入れなかった!自らのタイム感を守ったスペイン系ブエノスアイレス人の挟持がタンゴの誇り。ロンドンシティ経済から程々に距離があったのも結果的にはよかったのかな。経済的にはボロボロだけども、より人間的にリアルであろうとする音楽の冒険は、僕らの手元にあるユニバーサルな力だ!美味い肉と美味いワイン!

10月のライブインフォ更新しました。久しぶりの16公演/一ヶ月!そのうち渋さ知らズ関連で11公演!渋さ知らズ25周年ってことで久々に本格起動って感じですね。関西方面の皆様お楽しみに!

16日には変態ドラムの磯部潤さんとのデュオをなってるハウスにて二回目!

7月のライブインフォ

こんな稼業ですと、いろんな方と演奏する機会があるのですが、自然と同じメンツが集まるものです。毎月レギュラーで演奏させていただくバンドに参加するという事で、といって毎月同じような演奏をしているかといえば、そうでもないとも、そうだとも言える感じではありますが、いつものメンツで演奏することの安定感ってのはありますかね。渋さ知らズ、FUWAWORKS、AAS、川下直広トリオ+、リマタンゴ!!、と僕が現在レギュラーで演奏させてもらっているバンドは、どのバンドもほぼ同じメンツで定期的にやってますが、どのバンドも毎回違って、飽きるどころか、とても毎回楽しみです。恵まれています。

7月は初めての方々との共演がたくさんあります!これはこれでとても楽しみなんです。どのセッションも縁があって演奏させていただく事になったのですが、2時間のステージを共に演奏するということが初めての方々ばかりです。

まずは7/5の定村史朗さんとのデュオです。定村さんはバイオリニストで、長くNYCにて活動されてた大先輩でありますが数年前に帰国されたとのこと。縁がありエアジンにてデュオにお誘いいただきました!なにが起こるかまったく想像できませんが、キンチョーな感じで襟を正したりしつつもとても楽しみです!

14日は産休明けの佐藤エリカさんとのデュオ。前から何度か音を合わせたことがある気がしますが、詳しくは覚えてないんですが、ずーっと素晴らしいベーシストだなあ、一度がっつりデュオをお願いしたいなあと思っていたところ、今回はピットインの昼の部で急遽実現できました。楽しみです。こちらは即興でお送りします。

で、23日はエアジン「バッハであそぼ!」祭、にてPlays bach project vol.2。バイオリンの柴田奈穂さんとのデュオです。柴田さんとはリハーサルで初めて音を合わせたという、まさに数回お会いしただけのつながりでありましたが、なぜか不安もなく想像以上の素晴らしいバイオリニストで、一緒にバッハ「バイオリンとピアノの為のソナタ」に取り組んでいます。素晴らしいものになりそうです。バッハのプログレッシブでスピード狂で瞑想的な魅力を余すことなくお伝えできそうです。

是非、ご来場ください〜

6月のライブスケジュール

のライブスケジュール更新しました。五月の更新告知忘れてました。申し訳ありません。

6月は、 ベースの岩見継吾さん、ドラムの池澤龍作さんとトリオをなってるハウスにてやります。文面にある通りジャズスタンダードやオリジナルをやります。この三人でやるのは初めてなので楽しみです。

昔、デザイナーやってた時、イラストレーターというアプリケーションを使ってました。非常に高価な業務用アプリでしたが、今はアドビ社に月に三千円ばかりのみかじめ料を払うだけで使えるのですね。一ヶ月試用期間があるので、その間、久しぶりにチラシを製作してみました。仕事でやっていた時は、色々な関係性や媒体のイメージでやっていたので、あまり楽しくなかったのですが、デザインを初めた時のように、なんの責任もなく、好きに造る事が結構楽しい。こんなに読みにくくて裁ち切りに内容がはみでてるデザインはあんまり良くないですが、自己満足的に楽しいので良いのです。

7月のバッハ公演のチラシも作りました。

タンゴバイオリンで活躍されている柴田奈穂さんとバッハの「バイオリンとピアノの為のソナタ」全六曲、7/23に横濱エアジン「ライブハウスのバッハ週間(正式名称はなんだろう)」というイベントでやらせていただきます。

イラストも酔った勢いで鉛筆でさくりと書いてみました。かみさんに私のお腹の表現が甘いと指摘されましたが、7月のライブ当日にはこのぐらいになっている予定です。上にあげたトリオのチラシの裏にかいたので、スキャンするとフォントが裏うつりしてしまう。ので、庭に出て適当な草花をバックに写真を撮ってみました。

ネットで捜すと、ネット入稿で500部両面カラーで2000円程度で作れるサイトを見つけました。色校もない簡単なオンデマンド印刷、ですが、昔はオンデマンドでも色々大変でした。なんとも時代は変わりますね。